実例紹介

アイアンと強化ガラス、ナラを用い、すっきりと仕上げたスケルトン階段や造作テレビ台が、開放的なLDKのアクセントに
キッチンに隣接して、洗濯室を兼ねた脱衣浴室がある(写真奥)。正面の扉はパントリー。裏側に回ると動線は玄関へ続いている
手元やシンクまわりが「見えそうで見えない」絶妙な高さにカウンターが設定された造作キッチン。背面収納との距離も十分に採られ、将来は母娘でゆったりと作業ができる
ダイニングの壁側にはカウンターデスクがある。こうした造作、窓台などはテーパーを施して、シャープな雰囲気に仕上げられている
FIX窓のサッシを床にすっきり収めることで、リビングとテラスのさらなる一体感を実現
吹き抜けのハイサイドライトから入る外光が、スケルトン階段をやさしく照らす。階下突き当りは、デッキへつながるテラスドア
音楽好きなご主人たっての希望で、2階には趣味室を兼ねた書斎が設けられた
大型のウォークインクローゼットを備えた2階主寝室は、いつでも片付いた状態を保てる
2階に設けた子ども室は現在、間仕切りせずにプレイルームとして活用。姉妹の成長に合わせて、2室に分ける予定
玄関には、靴のまま出入りできるファミリークロークを設けた。ホールとリビングが間仕切りなく続いているのも、高性能住宅の証
デッキには一部屋根がかけられ、隣家に接する反対側には目隠しを兼ねたベンチも造作。使い勝手がよく考えられたデッキは、暮らしの楽しみを広げてくれる
黒のガルバリウム鋼板と道南スギを用いたモダンな外観。一体型の造作カーポートを採用することで、雨や雪への備えも万全

地元だからこその「近さ」が 頼もしく感じました

恵庭市 / Kさん宅

1対1の丁寧な対応にぐっと高まった信頼

 仕事柄、異動が多いKさんは長女が誕生したのを機に、新築の準備を開始しました。「大手ハウスメーカーのモデルハウスや住宅展示場を回って、僕たちなりに勉強しました。でも、見れば見るほど、新築の具体的なイメージが湧かなくなって、途方に暮れました」と、Kさん。

 ご夫妻が唯一決めていたのは、将来の単身赴任生活を考慮に入れ、奥さんの両親が住む恵庭市での新築でした。「僕の留守中に何か不具合が起きた時にすぐに駆け付けてもらえるのは、近くの工務店。大手よりも、建てた後も安心できると気づきました」。そこで、恵庭で評判の高かったキクザワのオープンハウスを見学。塗り壁や木をたっぷり採用したナチュラルな空間は、お二人の好みとぴったり一致しました。「プランからアフターまで一貫して、対応してくれた菊澤社長が担当すると聞き、信頼感が増しました。また、展示場でよく耳にした坪単価ではなく、積み上げ方式のきめ細かい見積もりを出していると説明を受け、納得の家づくりができると思いました。予算に合う宅地もすぐに紹介してくれて、地元工務店は頼もしいですね」。

暮らしやすさを追求したきめ細かな提案

 ご夫妻が思い描いていた新居像は、あのスターバックスでした。「私たちの漠然とした希望を、まっすぐに受け止めてくれましたね」と、奥さん。

 具体的なプランづくりを重ねる中で、菊澤社長はリビングとウッドデッキの床レベルをそろえ、大開口でつないだ開放感あふれるくつろぎスペースを提案。また、リビングと一体化させたキッチンは、回遊動線を採用した対面式をすすめました。「洗練されたカフェ空間を手本に、これまでのキクザワにはないディテールの細やかさを随所に追求しました。そのうえで、ストレスを感じない動線、空間レイアウトを提案させていただきました」と語ります。

 床にはナラ無垢材、造作の収納や建具、階段にもナラの質感にマッチする木材を厳選。当初の願いどおり、木に包まれるような空間プランができ上がりました。「無垢材は生活の傷がつくほどに自分の家らしくなっていきますので、Kさんのような子育て世代こそおすすめしたい建材なんです」と、菊澤社長。5か月間、打ち合わせを重ね、その最善の選択が2017年8月下旬、形になりました。

「自分の家」だからもっと心地よく、美しく

 新居に引っ越したKさんが、一番驚いたのは空気の爽やかさでした。社宅時代に寒さや湿気、カビに悩まされていたため、実は暖かく健康的な室内環境の実現にもこだわりがあったそうです。「性能面でもキクザワさんの家は高く評価されていて、不安はありませんでした。住んでみて、評判や性能数値だけでは分からなかった心地よさを改めて体感しています」。

 奥さんはキクザワが提案した対面式キッチンに「前から使っていたように感じるほど、動線や使い勝手が自然です」と大喜び。キッチンに立っていても、大開口越しに外で遊ぶ子どもの様子もよく見えます。「広々とした脱衣を兼ねた洗濯室、充実した収納計画のおかげで、生活感のにじまない空間を当たり前に保てるのもありがたいですね」。ナチュラルモダンなくつろぎ空間をより居心地よくしたいと、家具や照明を吟味して揃えるのを楽しみにしているそう。「来年は、建物と調和する外構や庭を整備して、ウッドデッキでバーベキューをしたいです。次々と暮らしの楽しみが増える家ができて、本当に幸せです」と、ご夫妻は笑顔で話してくれました。

ホームに戻る
Copyright © 2006 - 2019 Earth21, All Rights Reserved.