• Youtube
  • Instagram
白いガルバリウム鋼板と道南スギが、シャープなファサードに優しい雰囲気を与えるAさん宅。道南スギ張りの大きな車庫は、外物置も兼ねる
リビング・ダイニングに直結する庭のウッドデッキは、ご夫妻自慢のくつろぎ空間。暖かな季節は、ここに座ってコーヒーを飲むのが日課になった
ウッドデッキで談笑するAさんご夫妻と郷土建設の担当者。土間に設置した薪ストーブはヨツール社製。「郷土建設は薪ストーブ採用の実例も多いので、高断熱・高気密でも給気と排気のバランスが良く、初めての冬も扱いがとても簡単でした」
1階のLDK、中2階の和室、2階の階段ホールは空間がシームレスでつながり、家族の気配が家のどこに居ても感じられる。「高さのマジックを感じる、この風景が好きなんです」とAさん
オープンなLDKは玄関、シューズクローゼット、パントリー、キッチンへとつながる裏動線を設けた
対面式システムキッチンの背面にはアンティークの食器棚をすっきりと収め、名古屋モザイクのタイルを張った
Aさんが手入れをするアクアリウムの横には、郷土建設の提案でメンテナンスための排水溝や水場も設けた。スキップフロアの手すりや階段は、鉄工芸作家・藤沢レオさんの作。リズミカルなアイアンのラインが、自然の温もりあふれる空間のアクセントに
1階LDKとスキップフロアでつながる和室。キッチンで家事をする母の姿が視界に入るため、娘さんが安心して過ごせる居場所になった。大きな開口からは、ご夫妻が好きな恵庭岳も眺められる
Aさんのこだわりで、天井まで真っすぐ伸ばしたストーブの煙突。天井にはアイアンのシーリングファンも設置され、薪ストーブの熱が家全体に行き渡る
ゆったりと空間をとった子ども部屋には、ベッドロフトや収納棚、デスクを造作。秘密基地のような遊び心満載の設えに娘さんも大喜び
子ども部屋の前には、収納を兼ねたベンチを造作。窓からは庭と公園、恵庭岳を望むことができる。窓まわりとベンチ座面には、床と同じアカシア無垢材を張った
大容量のウォークインクローゼットを併設した寝室は開口を小さくし、すっきりとした佇まいに仕上げた

旅で気に入った場所をお手本に遊び心ある住まいを目指しました

恵庭市 / Aさん宅

重なった偶然から始まった想定外の家づくり

 「家を建てるより、世界をこの目で見たい。旅こそ人生最大の楽しみ」。そう語っていた奥さんに、住んでいた社宅からの引っ越し話が持ち上がったのは、2018年のことでした。新たに賃貸の住まいを探そうとしていた矢先、Aさんご夫妻が休日ドライブで何気なく立ち寄ったのが郷土建設のモデルハウス。「素敵な家だなぁと目に留まり、中に入ってみたら、私の兄もお世話になった会社の建物。しかも担当だった方が案内してくれたんです」と、奥さんは偶然が重なった驚きを語ります。

 さらに、対応に当たったスタッフはご夫妻に大きな公園に隣接した人気分譲地の売地も紹介してくれました。「持ち家願望のなかった私たちでしたが、偶然が重なった出会いで、新築の機運が一気に盛り上がりました」。引っ越し話から一転、ご夫妻は郷土建設とともに想定外の家づくりを始めました。

 プランのお手本にしたのは、旅好きなご夫妻が以前訪れて気に入っていた場所。Aさんは仕事で訪れたコスタリカの自然の豊かさを、奥さんはアフリカ・ウガンダのロッジの居心地の良さを思い浮かべました。

住むほどに愛着が増す経年変化が美しい家

 「無垢材や皮革、珪藻土、アイアンなど、デニムのように経年変化で愛着を増す素材と手仕事を多く用いながら、遊び心のある空間にしたいと考えました」とAさん。その象徴として、作品が気に入っていた鉄工芸作家に、手すりやテーブル、表札の制作を依頼。さらに、家で過ごす時間がより楽しくなるように薪ストーブやホームシアター設備を採用。室内とつながる外部空間も充実させたいと、庭や外構の整備も造園家に依頼しました。

 共働きの奥さんは「間仕切りのないかっこいい空間を労せず保ちたい」と、収納スペースの充実と、効率の良い家事動線を希望。たくさん持っているアウトドア用品は、車庫にたくさんの造作棚を設けることで収納、積み込み、片付けができるように工夫しました。また、スキップフロアを採用した中2階の床下にも、郷土建設の提案で大容量の収納空間を設えました。

 「工事中も現場の皆さんが私たちの気づかない所にまで目を配り、より暮しやすくなるように細かな調整や提案をたくさんしてくれました」と、奥さんは施工中の思い出を語ります。

ステイホームが楽しい季節を味わう住まい

 2019年11月下旬、Aさん一家の新しい暮らしが始まりました。「玄関と室内は間仕切りなくつながっていますが、主暖房に灯油セントラルの床暖房を採用したので、一日中ふんわりと暖かいんですよ」とAさん。さらに、LDKと庭を望む大開口の間に設けた土間では、Aさんが「寒い季節の楽しみ」として採用した薪ストーブの炎が家族のオフタイムを温めます。

 薪ストーブのある土間は、そのままシューズクローゼットにもつながり、裏動線でパントリー、キッチンへ行くことができます。「実際に生活してみると、動線がスムーズでものすごく便利です。最近は6歳になる娘もキッチンでお手伝いをしてくれ、料理やお菓子、パンづくりが面白くて仕方ありません」と、奥さん。

 庭の緑が美しい春から秋は、ウッドデッキでコーヒーを飲み、食事をとるのが家族の新しい習慣に。デッキに隣接するキッチンガーデンには、野菜やハーブがたくさん植えられ、食卓に季節の味と彩りを添えています。「思いがけずマイホームができたおかげで、旅に出られなくても、毎日がとても充実しています」と、奥さんはにこやかに話してくれました。

ホームに戻る
Copyright © 2006 - 2022 Earth21, All Rights Reserved.