• Youtube
  • Instagram

高断熱+全館空調で年中快適な温度を保つ平屋暮らしの住宅

株式会社 創樹

旭川市・Uさん宅

 建築系の技術職員で一級建築士のUさんは、奥さまの祖父母の土地を引き継いだことをきっかけに、家づくりの検討を開始されました。職場の先輩が創樹で家を建て、一緒に仕事をする機会があった建築家が当社に施工を依頼していたことも信頼につながり、新築のお手伝いをさせていただくこととなりました。
 当社で採用している高性能住宅だからこそ実装可能な全館冷暖房空調システム「YUCACO」にも興味を持っていたUさん。「真冬にオープンハウスに行きましたが、住まい全体が一定の暖かさを保っていたんです」と、その快適性も大きな決め手の一つとなりました。
 完成したUさん宅は、2階に空調室を備えたほぼ平屋。建物を東西に長く配置して、庭を見渡せる南側に大きな窓を計画しました。夏は暑い陽射しを遮り、冬はやわらかい光を採り込めるよう綿密に計算された庇は、快適さだけでなく経済面でも効果を発揮しています。高性能な家づくりと、全館冷暖房空調システムで実現した一年中快適で居心地の良い理想の住まいが、Uさんご一家の大切な毎日を支えています。

ガルバリウム鋼板と道南スギの組み合わせは、Uさんお気に入りの外観。木製のカーポートも色を合わせて統一感を出している

外と内をつなげる屋根付きのコンクリートデッキ。この庇が冬と夏の日射をコントロールしている

玄関扉を開けたときに、視線の先にセメントの風合いを生かしたSOLIDOの壁が見える。室内窓も空間のアクセントに

南側に大きな開口を設け採光を確保。コンクリートテラスを介して、芝生や菜園のある広い庭に出る。「子どもたちは内と外をにぎやかに行き来して楽しそうです」と奥さま。キッチンに立ちながら、子どもたちの遊ぶ姿を確認できるので安心

リビングのアクセントには、創樹の吉口社長が提案したSOLIDOを採用。「炭酸カルシウムが表面に白く残留することで、風合いが増しているのが面白く、気に入っています」とUさん

アクセントウォールの裏手には南向きの窓が光を招くワークスペース。子どもたちが勉強をしたり、大人が読書やパソコン作業をするなど、家族がそれぞれ活用している

上下に配された東向きの窓から届くやわらかな光や、珪藻土の塗り壁が心地よいダイニング。高さのある構造用合板の現し天井が開放感を与えてくれる

キッチンの先にはユーティリティが続く。「食事の支度や洗濯など、作業がしやすいシンプルな家事動線を希望しました」と奥さま

家族4人が行き来できる広さを確保した洗面スペース。廊下の先は左手に子ども部屋、右手が寝室。突き当たりの壁に飾られた照明は奥さまセレクトの「千sen」のブラケットライト

トイレの一面は凹凸のあるアクセントタイルに。ペンダントライトが描く陰影が心地よい

2階の階段がある東西を真っ直ぐに延びる廊下

ロフトのような2階はフリースペースとなっていて、子どもたちのアジトでもある

2階の空調室は空気が循環する起点

お客様の声

知人の多くが、高性能でデザイン性も高い家を工務店で建てていて、自邸も工務店で建てたいという思いがありました。創樹の家は、建築に携わる私から見ても、様式にとらわれないデザインが魅力的。性能面においては、猛暑だった今夏も、エアコンは除湿運転のみで十分でした。部屋ごとの温度差もなく、エアコン1台で経済的に暮らせています。ご主人談

ホームに戻る
Copyright © 2006 - 2022 Earth21, All Rights Reserved.