ニュース・活動報告

2019.06.14

2019年6月12,13日旭川例会

昨年は8月開催の旭川例会ですが、今年は6月の開催となりました。

今回は新記録となる7ヶ所の訪問でかなりタイトなスケジュールとなりました。

最初は創樹様の店舗併用住宅です。

ガルバリュームとレッドシダーの外壁の取り合わせが良い雰囲気です。

板金屋さんの技術がとても高く感じられました。

キッチンも鉄の天板を採用でおしゃれでした。

2件目はガージーカムワークス様の家具のショールーム見学です。

外観と枕木を使用した駐車スペース、中には様々な家具やキッチンが展示されていました。

3件目は芦野組様の造作中の現場見学です。

外壁は下見張りの羽目板、技術部長がなにかを撮影していましたので、気になり見てみると、細部にまで気を使った収まり部分でした。

4件目は藤井工務店様のリノベーション住宅でした。

減築をし、残した基礎はデッキへと生まれ変わるようです。

軒天もカッコイイです。

道の駅「道草館」で途中休憩を挟んで後半戦へ

5件目は曾田建設様の完成現場です。

スッキリした水切り、なかなか大胆な和室の熱交換換気システムです。

今までのすべての現場は一部、または全て木材の外壁が使われていて、旭川らしい住宅ばかりです。

6件目は旭川デザインセンターで家具の見学です。

旭川といえばやはり家具なんですね。

菊澤会長が小さくなった訳ではなく、椅子のサイズが大きいのです。

これに座ると少し痩せて見えるようです。

7件目は北の住まい建築研究社様の完成現場です。

と言っても9年ほど前に新築され、当会でも一度見学した現場でした。

 歳を重ねて、より一層周囲の溶け込んだいい味が出ています。

ここは蚊取り線香を取り付ける場所で、雨が当たらないようになっています。

見学後は懇親会開催でいつも通り賑やかでした。

活発な意見交換も ...

 

日が変わって2日目は、㈱SOUSEI Technology様より清川様をお呼びしまして、IoTに関する貴重な講演をしていただきました。

建築業界もいずれIoTを活用してた住宅が主流になり、乗り遅れないように今から勉強です。

変化に対応できない企業は残れないがキーワードです。

このあと各グループに分かれて討議を行い、解散となりました。

とても勉強になった2日間でした。

ホームに戻る
Copyright © 2006 - 2019 Earth21, All Rights Reserved.